高岸宏行(ティモンディ)は済美高校時代野球部で活躍!大学はどうなった?

お笑い芸人

 

高岸宏行さんと言えば野球が上手い

という印象をお持ちの方多いと思います。

 

とは言っても上手いとかいうレベルじゃなく

プロのドラフト候補に入るぐらいの選手だったんですよ〜

 

ということで今回は高岸宏行さんについて

野球というテーマにフォーカスして

時代ごとにお伝えしていきます!

 


高岸宏行さんの中学時代は?

 

中学は高岸宏行さんの出身である滋賀県大津市にある

「大津市立青山中学校」です。

この中学校は1998年に開校した比較的新しい中学校。

 

当時の済美高校野球部のファンの掲示板の情報では、

中学の軟式野球部に所属せずに、

滋賀県の草津にある中学軟式野球チームの湖南クラブに所属。

中学生ながら身長180cmはあり、軟式ながら

中学時代にすでに 135キロ出ていたみたいです。

高校進学にあたって、近江や平安など8校ほどの強豪から

野球推薦がきていたとアメトークで語っています。

 

野球のエリート街道まっしぐらですな。

 

 

済美高校野球部で活躍!

 

恵まれた体に抜群の運動神経で

野手、投手ともに試合に出ていたそうです。

 

ピッチャーとしては2番手でエースではなっかたとか。

それでも雑誌の記事に特集されドラフト指名に

名前を残すほどの選手であったそうです。

 

高岸宏行さんが1年生の時に甲子園に行ったものの

選手には選ばれずスタンドで応援。

2年、3年の時に甲子園に出場することができず自身が甲子園の土を

踏むことなく引退しています。

 

そのことから芸人になった今でも

仕事で甲子園のマウンドに上がることが目標の一つであるそうです。

 

済美高校時代のことをティモンディのYoutubeチャンネルで語っています。

 

面白いです。野球の強豪校って高校独特の

オリジナルなエピソードがたくさんありますよね。


大学で野球はどうなった?

 

東洋大学に進学しています。

 

高校の時にプロ志望したら、阪神とヤクルトのスカウト陣に

育成で指名するかもと言われていたそうですが、

済美高校野球部の監督だった上甲監督に

大学で実力をつけて確実に上位指名されるようになって

プロに行った方がいいと言われ大学に進学したそうです。

 

しかし、大学3年生の時に肩を壊しプロ野球の道を

閉ざされてしまったわけです。

 

 

現在も野球の実力が半端ない!

 

そんな中、高岸宏行さんが大学4年生の時に偶然相方で

済美高校野球部で同級生だった前田裕太さんに出会い

二人が昔野球部の寮で見ていたお笑いのビデオ見ていた

ことを思い出し、高岸宏行さんからお笑いをやろうと誘って

2015年1月にティモンディが結成されることとなります。

 

そんな現在(2020年5月時点で)27歳になったのですが。

 

今だに150キロ投げれるそうですし、

バッティングでも100メートル以上飛距離を出しています。

最近では四国のアイランドリーグのトライアウトで合格していますが、

辞退されています。

 

まとめ

高岸宏行さんについてお伝えしたことをまとめます!

 

大津市立青山中学校時代では強豪校から8校のスカウトを受けた

 

済美高校時代ではプロのドラフト指名に名前を残すほどの選手だった

 

東洋大学に進学するものの肩を壊しプロの道を諦める

 

現在も野球の実力は衰えていない

 

芸人として甲子園のマウンドの舞台に立てるといいですね。

これからの高岸宏行さんのご活躍を応援しています!

 

高岸宏行(ティモンディ)がかっこ良くて面白い!優しい話し方が嫌だ?
ティモンディの高岸宏行さんって テレビで見たらなんか印象に残りますよね。 話し方や表情、仕草が唯一無二って感じで。 運動神経抜群で野球がめっちゃ上手いし。 ということで今回は高岸宏行さんについて ...

 


コメント