岡田健史の中学のモテエピソード!学生時代はイケメンで野球に夢中だった

俳優

 

出川哲朗の恥の王様~恥の数だけ人生は豊かになる~

に岡田健史さんが出演し学生時代のモテエピソードを

話されやっぱりそうだよな〜って感じの内容でしたが

 

岡田健史さんといえばデビューでいきなり

連ドラ「中学生日記」に出演し、超話題になりました。

 

今回はそんな岡田健史さんの

イケメンでかっこいい学生時代からデビューするまでを

モテエピソードを含めながら

お伝えしていきます。

 


岡田健史さんのプロフィール

読み方:おかだ けんし

生年月日:1999年5月12日

出身地:福岡県

血液型:O型

身長:180cm

趣味:筋トレ、映画鑑賞

特技:野球

事務所:スペースパワー

 

 

岡田健史さんの中学のイケメンモテエピソード

 

小学校2年生から野球を始めた岡田健史さんですが、

モテエピソードは中学3年生の卒業式でした。

(テレビで話されたエピソードです)。

 

卒業式が終わった後に岡田健史さんの学生服の

ボタンが欲しい女子が殺到し、全部なくなったというのです。

 

なおボタンがなくなっても注文が殺到し、一緒に卒業した男子同級生に連絡しまくり

わざわざボタンをもらい女子たちに上げていたとのことです。

 

 

ボタンを岡田健史さんに上げた男子同級生がなんか可哀想です。

女子たちが欲しいのは岡田健史さんの私物なのに

他の同級生のボタンを上げて喜ぶんですかね〜

 

ちなみに中学校は福岡県和白丘中学です。

 

中学1年生の頃から今の事務所にスカウト

をかけられていたのですが野球一筋だっため断っていたそうです。


岡田健史さんのイケメン高校時代の野球姿

 

高校は長崎の創生館高等学校に進学します。

創生館高等学校は野球では選抜や甲子園によく出る名門校です。

ここ最近から強くなりだして

岡田健史さんの引退後に春と夏に甲子園に出場しています。

ポジションはキャッチャーで社会人野球に進もうという目標があったそうです。

岡田健史さんは特待生で高校に入ったため自分たちの代で甲子園に行くことが

高校への恩返しと思っていたそうですが。

 

しかし高校3年時の甲子園に出場することができず

負い目を感じられたと。

 

野球部引退後演劇部へ

 

そんな中、野球部を引退し暇になるのですが演劇部に入ることになります。

演劇部に入ったのは大会に出場するための部員が足りなかったところ

多分イケメンだったから校長に推薦されたそうです。

本人も高校への恩返しをするためにと意気込んで取り組まれていました。

 

ところが演劇の甲子園である『全国高等学校演劇大会』に出場し、

九州地区大会で優勝しています。

県大会の時には、審査員の方に名指しで褒められたそうで

(顧問の先生によると名指しで褒められる人は珍しかったそうです)、

自分なりに取り組んだ結果が評価してもらたことはもちろんのこと、

名指しでの賛辞がめったにないことだと知ると、

うれしくなり、この時、俳優になりたい、と思われたのだそうです。

 

両親に俳優になりたいと伝えたところ

猛反対されるのですが、1ヶ月の説得を重ね許しを得ることに。

その後、スカウトされた事務所に連絡し所属することになります。

 

ここまでの人生を見たらドラマが一本作れそうですね。

いつかテレビの特番で再現ドラマとともに

本人がスタジオで当時のことをしゃっべっているかもしれませんね。

 

 

まとめ

岡田健史さんについてお伝えしてきたことをまとめます!

 

中学生の卒業式で学生服ボタンを全て女子にカッサられた。

高校時代は野球で甲子園を目指していた。

その後演劇部で結果を残し演技の可能性にきづき、俳優の道へ

 

いや〜もうなんか感動しました。

これからのご活躍ほんまに楽しみにしてますわぁ〜


コメント