松本まりかの昔も現在も可愛い!特徴的な声と豹変じみた演技でブレイク!

女優

 

松本まりかさんといえば、題名にも書いてありますが、

その特徴的な声と豹変的な演技で遅咲きのブレイクを果たしました。

そして、2020年6月10日の「今夜くらべて見ました」に出演します!

なんでもドバドバオイルかける偏食女子だそうです。

 

ドラマウォッチャーの私の思う松本まりかさんは、バケモノです。(笑)

もちろんいい意味で。なんで今まで売れなかったのが不思議に思うのですが。

 

さておき今回は、そんな松本まりかさんについて

昔、現在、かわいい、演技

というテーマでお伝えしていきます!

 


松本まりかさんのプロフィール

  • 本名:石田 汀花(いしだ まりか)
  • 生年月日:1984年9月12日
  • 出身地:東京都
  • 身長:160㎝
  • 血液型:B型
  • 活動期間:2000年
  • 事務所:A-team

 

松本まりかさんが昔も現在もかわいい!

 

松本まりかさんが16歳の時、

2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビューし、

同年から2001年まで雑誌『ピチレモン』のレギュラーモデルをつとめます。

その当時の写真がこちら

同世代には、栗山千明さん、ベッキーさん

宮崎葵さん、長澤まさみさん、平井理央さんなど

今では豪華メンバーがいました。

 

その後18年間の下積みを重ね

松本まりかさんが世間の注目を集めるのは自身が34歳の時。

2018年放送のドラマ「ホリデイラブ」で演じた井筒里奈役

「あざとかわいい」キャラクターが注目され、

同年8月に発表された「Yahoo!検索大賞2018」において、

女優部門の中間発表で上位3名の中に入るなど

目まぐるしい活躍をされます。

ドラマ「ホリデイラブ」出演時はSNSのコメントの数や

フォロワーの急上昇ととても話題になっていました。

 

松本まりか on Instagram: “今日 #anan デビューしました。 本日発売です❤︎ WHO’S HOTのページでのインタビュー。 モノクロの写真とともに、 素敵なページになってると思います。 是非ご覧になってみてください^ ^ For 20years I’ve wanted to…”
26.1k Likes, 409 Comments - 松本まりか (@marika_matsumoto) on Instagram: “今日 #anan デビューしました。 本日発売です❤︎ WHO’S HOTのページでのインタビュー。 モノクロの写真とともに、 素敵なページになってると思います。...

そんな松本まりかさんは、2020年6月時点で35歳ながらも

可愛いくて綺麗なままです。

 


特徴的な声と豹変じみた演技でブレイク!

 

ナレーターや声優としても活動していて

ファイナルファンタジーのリュックの声を担当しているのが松本まりかさんです。

 


この頃はまだ10代だし、ドラマの時の声とは違う感じですが。

 

松本まりかさんの特徴的な声というのは甘くてでセクシー感のある声です。

Youtubeに松本まりかさんのインスタライブの動画があるので

そちらをご覧いただけばわかると思います。

この声が役柄や松本まりかさんの可愛らしさにあっていたから

ブレイクしたのではないかと。

 

そしてもう一つのブレイクのきっかけは豹変的な演技にあると思われます。

私が見てきた松本まりかさんの演じていた役柄は、

ドロドロした恋愛ドラマの不倫相手であざといキャラや、

過去や家庭などに訳ありの女性で結構重めの感じ。など

多分皆さんも松本まりかさんの演技にこういったイメージを持っている思います。

 

普段は普通な感じの人なのに

急に一転して豹変し恐怖感を覚えるような、

一瞬体がゾクっとしてしまうそんな演技を見た時に

私はよくわからないけど「凄い」という言葉しか思い浮かばなかったです。

 

映像系のコンテンツが激化する中で

多種多様な動画をみることのできる時代になった今

松本まりかさんの演技は、爆発力があり、

一瞬にして人の心を引きつけることができる。

だからこそブレイクしたのではないでしょうか。

 

私としては、なぜ今まで売れなかったのか不思議に思います。

すげー天才だなと私が勝手に思っているだけなんでしょうか。

時代がようやく松本まりかさんに追いついてきた〜

 

 

まとめ

松本まりかさんについてお伝えしてことをまとめます。

 

ずっとかわいいまま

ブレイクのきっかけは声と演技、時代感

 

早く主演でドラマで演技する姿を見たいです。

これからの松本まりかさんのご活躍を応援しております!

 


コメント