バスケ初心者がスクリーンアウトで意識すべきこととは?バスケットマンが劇的に変化したスクリーンアウトのやり方

 

これは私がバスケをしてきてずっと思っていきたことです。

ディフェンスリバウンドが取れなかった時に必ず

「スクリーンアウトしろ!」といってきますが、半分合ってて半分間違いだと思っています。

それはスクリーンアウトが目的になっていて肝心のボールを掴もうとしてないからです。

少し前置きが長くなりましたが、やはりデフェンスリバウンドを取る時には

スクリーンアウトはした方がいいので、ここでは私バスケットマンのやっている

スクリーンアウトをお伝えしようと思います。

 

スクリーンアウト・・・ディフェンスリバウンドの時に相手に体を当てて

リバウンドの有利なポジションを確保するプレーのこと

 

 

 

意識すること

 

冒頭でも話したとうりスクリーンアウトの目的はリバウンドを取ること。

これは絶対に忘れないで欲しいです。

 

また、相手がリバウンドで有利なポジションを取ろうとしてきた時に体を当てて

進路を塞ぐことがスクリーンアウトの意識することです。

 

ゴールと近い位置にいる相手は自らスクリーンアウトしないといけませんが、

ゴールと距離がある位置にいる相手に自らスクリーンアウトしに行くと

交わされて相手の有利なポジション取られてしまいます。

 

 

 

バスケットマンのスクリーンアウトのやり方

 

両手を軽く上げて低いスタンスのまま半身の状態で思いっきり当てる。

半身の状態なので自分のお尻が相手の腰周りに当てる感じです。

 

壁が相手だと想定してみてください。

 

大事なことは半身の状態ということです。

なぜ半身なのか?

相手とリングの両方を見ることができるからです。

 

私はガチの試合の時はタックルするぐらいの勢いで当たります。

それでもファウルになったことは一度もありません。

相手はメチャメチャ嫌がりますし中にはキレて来る人もいますが。

 

バスケットマンのスクリーアウトと書いていますが

試合をしていたらスクリーンアウトできない場面が多々あります。

その時にどうするのかそれも含めてバスケットマンのスクリーンアウトと言えます。

 

スクリーンアウトできない場合とは?

シュートを打った時点ですでに相手がいいポジションを確保している。

ディフェンスでヘルプしてマークマンがづれた時。

思いつく限り2つしかないのですが、結構あることです。

 

この時にできることが2つあります。

ボールに全力で飛びつくことです。

これは私のリバウンドのコツなのですがシンプルで強いです。

そしてリバウンドの全てにつがってきます。

 

これができなくての最終手段が

相手がリバウンドを取って着地した瞬間にボールを奪うことです。

相手のレベルにもよりますが、結構難しいです。

あくまでも最終手段なので最初からしないように。

ファウルになる可能性も高いです。

 

 

 

まとめ

 

「スクーリンアウトしろ」って言われるだけで

やり方を教えない指導者がほとんどだと思います。

教えてくれる指導者の方もいますが、私の低いスタンスで半身の状態で思いっきり当てる

スクリーンアウトぜひ試してみてください。

最後にもう一回言います。スクリーンアウトはリバウンドを取ることが目的です。

コメント