バスケ初心者が試合に出る為に最低限必要なオフェンス能力とは?バスケットマンが心掛けた4つのこと

 

初心者がNBAのスタープレイヤーのようなオフェンスは絶対にできないと思う。

彼らみたいなボールの保有率が高く、得点力があり初心者でも上手だと

思える選手はチームに一人か二人いればいい。

そのようなプレイヤーを最初に目指すのはナンセンスだ。

試合に出場できる選手になってからのお話です。

今からお伝えするのは私のやってきたことです。

まずは、試合に出れる選手になるために目指すべきオフェンス像をお伝えします。

 

 

 

1 攻め気を見せる

 

攻め気のないプレイヤーは試合では絶対に使ってくれない。

それはバスケが得点を争うスポーツだからです。

攻め気を見せるというのは相手を油断させないようにすることです。

相手に常に気を遣わせ「ノーマークにさせてはいけない」、

「少しでも間合いを開けたらシュートを狙ってくる」と思わせれば最高です。

 

その為の具体的な攻め気を見せるプレイというのは

ボールをもらったら絶対にシュートを狙うこと

積極的にリングに向かう動き、ボールをもらう動きをすることです。

 

これらをすることでドライブしやすくなり得点に繋がってきます。

また、コート常の全員が責めやすくなります。

 

 

 

2 ボールを持つ時間を少なくする

 

ボールを持つ時間を少なくするというのはボールをもらいに行くなということではない。

むしろ積極的に動いてボールをもらいにいって欲しい。

要はボールをもらってからの判断が早くするということだ。

シュート、ドリブル、パスの判断はボールを保持してからではなく

ボールをもらいに行く段階から始まっている。

常に味方と相手の動きを見ておくことが大事になってくる。

 

なぜ、ボールを持つ時間が短い方がいいのかというと

全員が1回の攻撃でボールに触れることができるからです。

また、自分は何回でもボールを所持することもできます。

試合中にボールを所持する回数が少ない状態だと

手がボールに馴染まないのでシュート精度が上がっていきません。

 

ガードのポジションだとどうしてもボールを持つ時間は長くなるので

それはポジションの性質上仕方のないことです。

 

 

 

3 ミートからの1対1

 

このミートからの1対1が上手い選手が個人的に上手い選手だと思っている。

どういうことか?というと

ボールをもらう時点でミートで相手とのズレを作ってから

1対1を行うというやり方である。

 

極論だとボールを持つ前にノーマークを作ることがベストだ。

普通の1対1はボールを持ってからが勝負だが、

ミートからの1対1はボールを持つ前の動きから勝負が始まっている。

この意識があれば自ずとボールを持つ時間も少なくなってくる。

 

ミート・・・ボールを保持する時の空中でのスッテプ

 

 

 

4 泥くさいプレーを積極的に

 

泥くさいプレーというのは、リバウンドに積極的に参加する、ルーズボールを必死に取りに行く

味方のドライブでの合わせ、速攻の場面で毎回走る、スクリーンをかけに行くなどです。

 

目立つプレーじゃないし自分がボールを持っていない時のプレーです。

指導者にもよりますが、私が指導者の立場だったら泥くさいプレイヤーは

絶対に試合で使います。

なぜなら、泥くさいプレーはチームに勢いをつけるからです。

 

泥くさいプレーはバスケの技術というよりメンタルの要素が強いので

初心者の方でも簡単にできるプレーだと思います。

 

 

 

まとめ

 

  • 攻め気を見せる
  • ボールを持つ時間を少なくする(判断を早くする)
  • ミートからの1対1
  • 泥くさいプレー

 

試合に出たい方はこの4つを心掛けて練習に取り組んでみてください。

これは完全に私の今のプレイスタイルに当てはまります。

ミーハーからは上手には思われませんが試合には出ることができていますので

参考までに意識すれば、試合に出れるようになるかもしれません。

コメント