朝倉未来の強さや人気は読書に秘訣があるかも?【しくじり先生】

タレント

 

朝倉未来さんは格闘家やYouTuberとして絶大な人気を誇っています。

5月5日のしくじり先生に出演されますが、

そこではスターになるまでの自身の壮絶な人生について語られると思います。

壮絶な人生に関してはたくさんのサイトに書かれており

 

後は彼の収入や結婚や試合に関するものばかりです。

朝倉未来さんと聞いてヤンキーや不良というイメージがありましたが、

以外にも読書家でたくさんの本を読まれてきたそうです。

私は、その情報を知って彼の強さや人気の

根本に読書があるのではないのかと思いました。

今回は朝倉未来さんの強さや人気の秘訣を読書という観点でお伝えします。

 


朝倉未来が選んだ3つの本から強さや人気を考察【GONG格闘技】

 

山田宗樹の「百年法」は

不老不死が実現した社会を考えらさせる小説です。

人間の死と生から生きることの意味とは?

私の勝手な意見ですが、朝倉未来さんは今を生きるそういう人の様に思えます。

朝倉未来さんは死にかけたことが何度かあるそうなので

彼の死生観から何か私たちも学ぶことができるのかもしれません。

生きることの意味を考えられる人だからこそ今の強さや人気を

誇っているのかもしれません。

 

 

D・カーネギーの「人を動かす」は

良い人生を歩むための思考法が書かれており

全世界でベストセラーの自己啓発本です。

 

人を動かす3原則として

  1. 批判も避難もしない。苦情も言わない。
  2. 率直で誠実な評価を与える。
  3. 強い欲求を起こさせる。

 

これを自分自身に置き換えて考え行動してきた結果が今の朝倉未来さんだと思います。

自分に置き換えるというのは自分を客観視できるのかということです。

自分が上手くいかなかったとしても言い訳や文句を言ったり人のせいにせず

何が悪っかったのかを冷静に分析し次にどうやったら上手くいくのかを考える。

批判も避難もしない。苦情も言わない。率直で誠実な評価を与える。

に通ずる考えだと思います。

 

強い欲求を起こさせるは何かに興味を持ち

自分を行動させる原理に繋がってくると思います。

朝倉未来さんの場合1番強くなりたいという欲求が

現在の強さや人気に至るまでの行動を起こしてきたと考えました。

 

 

ユダヤ人大富豪の教えは

ユダヤ人大富豪と生活をともにし、

お金もちになるための教えを17の秘訣から教わるという小説です。

幸せなお金持ちになる17の秘訣の中から大事な5つのポイントとして、

 

  1. 自分を知り、自分の大好きなことをやる
  2. ビジネスを所有して富を生み出す
  3. お金の法則には何故お金が集まるのか?お金の5原則を知ること
  4. 思考と感情の持つパワーを知り、感情をコントロールする
  5. 人生がもたらす全てを受け止める

 

お金の5原則は長くなるので省きます。

朝倉未来さんとは会ったこともないしどういうふに考えていらっしゃるかも知りません。

でも外から見る限りでは5つの条件クリアしてそうですよね。

だから金持ちで幸せな人生を送っていると私は感じました。

 


朝倉未来が執筆した「強者の流儀」

 

私は読んでいないので本の内容は正直わかりません。

ネットの書評も少ないのであまり詳しいことが書けませんが、

「強者の流儀」には人間的に強くなるための方法論が書いてあるそうです。

自分の成功や幸せはいかに自分を客観視して分析できるのか

自分に対する客観視が強さにも繋がっていると。

「強者の流儀」を読めばあなたも強い人間になるかもしれません。

 

私は格闘家とYouTuberとしての朝倉未来さんしか知らなっかたですので

本を出していることを知った時驚きました。

小説がかけるってなんか羨ましいですよね〜

なんか全てにおいて天才そんな感じがしてきました。

 

 

朝倉未来が先生としてしくじり先生に出演

数々の伝説を残してきた朝倉未来さんですが

今回のしくじり先生の出演でまた新たな伝説エピソード

がわかるかもしれません。

今でも十分漫画に出てきそうな人物ですが。

私は彼の生き様が普通ではないので好きです。

テレビでまた新たな伝説が見られるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ここに書いてあることは本の内容と朝倉未来さんを

客観的に見ての強さや人気の秘訣を私なりの考えで書きました。

 

強さや人気の秘訣を要約すると

たくさんの本を読んだことで、色々な思考方法を持っており、

 人生が上手くやり方を知っている」からこそ

それらを行動に移してきたからだと思います。


コメント